반복영역 건너뛰기
지역메뉴 바로가기
주메뉴 바로가기
본문 바로가기

연구정보

연구정보

국내외 연구기관에서 발표된 중국 연구 자료를 수집하여 제공합니다.

中国の一人っ子政策の規制緩和をどう見るか ―効果は期待出来ず、「未富先老」が現実化―

大泉啓一郎 2014.02.07

URL

연구정보 상세보기
[環太平洋ビジネス情報 Vol.14 No.52] 
(2014年2月)

 


Abstract

1.中国共産党は、中央委員会第3回全体会議(三中全会:2013年11月9日~ 12日)で、 一人っ子政策の緩和を発表した。これにより、夫婦のどちらか一方が一人っ子の 場合、第2子の出産が認められることになった。
2.ただし、一人っ子政策は地域によっては、かなり緩和されており、今回の緩和は 部分的に過ぎない。そのため、出生数の大幅増加は期待出来ず、また、中国のよ うに強制的な人口抑制策を実施していない東アジア諸国においても出生率が低下 している点を勘案すると、中国の出生率は低水準にとどまる可能性が高い。
3.出生率が上昇した場合も、当面は経済にプラスの効果は生じない。中国の労働力 年齢人口(15 ~ 59歳)は2012年から低下に向かっているが、出生率上昇がこの傾 向を緩和するのは15 ~ 20年先であること、それまでは高齢社会への対処に子ども の養育費が加わることから、国内貯蓄率が低下する可能性も高まる。これは、む しろ成長抑制要因となる。
4.高所得国になる前に高齢化が加速することを、中国では「未富先老」と呼ぶが、 一部の地域では現実化している。とくに内陸部・農村の高齢化の加速に注意すべ きである。他方、沿海部の大都市では、若年層の流入が多いことから、高齢化の スピードは減速している。上海市のように「未富先老」を回避した地域もある。 低水準の出生率のなかの国内人口移動の加速は、国内所得格差を拡大させる要因 となっている。
5.中国共産党は、三中全会で都市化の加速(農民の都市戸籍の取得緩和)を決議した。 これは所得格差是正策であるが、中高年が都市でどのような雇用を見つけること が出来るかなど乗り越えるべき課題は多い。むしろ、強制的な移転は社会不安、 政治不安拡大の一因となりかねない。
6.一人っ子政策緩和の経済効果は期待出来ない。今回の緩和は、構造改革への共産党 のゆるぎない姿勢を示す政治的な発言と捉えるべきであろう。

출처 JRI
원문링크 http://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/rim/pdf/7212.pdf
첨부파일
키워드

한 자녀정책 인구억제책 출생률 一人っ子政策 人口抑制策 出生率

지역키워드

중국전체

목록

만족도 조사

이 페이지에서 제공하는 정보에 만족하셨습니까?

평가하기